奨学金を踏み倒す人々が急増

その呆れた言い分とは






奨学金とは、
さまざまな理由で高校や大学に

進学するのに困難な学生に
金銭を貸与したり
給付したりする制度のことだ。



「お金がない」という理由で
進学できない.


勉強を続けたいのに、
経済的な理由で

それを打ち切らざるをえない
学生をなくそう。


そういう環境の学生を
救済するために、

奨学金制度が生まれたのです。


アルバイトなどで学費を
稼いでいる学生もいるけど、


アルバイトを始めれば、
勉学がおろそかになる
場合もある。

生活が苦しくなれば、
アルバイトの賃金を

学費どころか生活費に
充当せざるをえない
子どももいる。


このような状況を防ぐために

奨学金制度ができたのです。


だが、この奨学金制度を
利用している学生には

家庭が裕福な医者の息子なども
ふくまれている。


貸与する・しないの
線引きは2つあるのだが。


子ども自身が勉強を続けたいと
思っているかどうかと、

その子どもの生活が
困窮しているかどうかの2点に



尽きるのだが、実際には
申請すればたいがい通るのが

奨学金の採用基準と
なっているのだ。


その結果、多くの子どもが
奨学金に採用され、

借りたお金で
学校に通うようになる。


そして、

近年は奨学金として
借りたお金を返さない人が

激増しているのだと言う。



返す本人がお金の有難みを
自覚していることが
何より重要だ。



返済は学校を卒業して、
仕事をはじめて、
給料をもらえば、

その給料から支払っていくのが
原則なのだが、

今日では学校を卒業しても、


仕事がみつからない学生が
ふえているのだ。

社会状況が
返済を詰まらせている。



返せたくても、
生活に手いっぱいで
返済まで手がまわらないのが
現状なんだろうね。



ただ、借金があることには
変わりはないので、

はやく健全な社会にもどって、
借りたものを返せる社会に
なってもらいたいね。



         



●志望校に合格する方程式が大人気だよ!







.


 カテゴリ