仕事中の眠気解消

オススメのワザ!








冷水での洗顔冷たい刺激が
交感神経を活発にして、
覚醒度を上げてくれます。



カフェインは、
脳にたまった睡眠物質の
働きをブロックして、
眠気を感じなくしてくれます。




夜はコンビニなどの
明るい店で買い物をすると、

睡眠ホルモンのメラトニンが
減って眠気が和らぎます。


日本では会社や学校での
居眠りを良いことと
思う人は、まだ少数派です。



⤵   ⤵   ⤵   ⤵


冷たい刺激には
即効性がありますが、
作用時間が短いのが
残念なところです。



1日の中でもっとも眠気が
強くなるのが、
午前2〜4時ごろです。


長い昼寝や夕方以降の
昼寝は夜の睡眠に
悪影響を及ぼすため、

昼寝のタイミングや
長さには注意してください。


おしゃべりしながら
お菓子を食べて、
カフェインをとれば
一石三鳥になります。


これはリズムよくかむことで
脳を目覚めさせる
セロトニン神経が
活性化されるためです。



ただし、効くまでに
30分ほどのタイムラグが
あるので、
早めにとるのがオススメです


少しまとまった時間が
取れるなら、
昼休みから午後3時までの
間に、20分ほど
昼寝をしましょう。


         


かむガムやスルメ、
塩昆布などをかんでいると、
目が覚めてきます。

もう一つ、
午後2〜4時にも
眠気のピークがきます。



ガムの場合、
刺激が少ないものでも
覚醒効果がありますが、

ミントなどの
刺激があるものは
さらに効果的です。



昼寝の前に
カフェインをとっておくと、
さらに
目覚めがスッキリします。


コーヒーブレイクでの
楽しいおしゃべりも
効果的です。





外で直射日光を浴びれば、
一気に眠気が減ってきます。





頑張るサラリーマンのために、
手軽に目立たずできて、

効果が実証されている
眠気覚ましの方法を
ご紹介します。

🎵   🎵   🎵   🎵


眠気を減らすには、
脳のエネルギー源である
ブドウ糖を
補充することも大切です。


人の話を聞いて考え、
自分が話すことで、

脳のいろいろな部分が
働き始めて
眠気がなくなります。


目をほんの
1分間つぶるだけでも、
外界から入る視覚情報を
シャットアウトして、
脳をリフレッシュできます。





トイレや公園、喫茶店などの
人目につかないところで、
座ったまま仮眠してください。

午後の眠気を先取りして、
高い覚醒度を保てます。




「受験の神様」和田秀樹の受験の方程式の真実

【効率アップ!】パターン認識勉強法

.