第二の人生

お金が取れる資格 プレジデント






勉強は励んだ分だけ
成果が出るから。
こうしたなか、

資格を取って
第二の人生に備えたいと
考える人が増えているようだ。



日商簿記検定は
1級から4級まであり、
2級を取っておけば、

履歴書の資格欄に
記入することができる。





働きながら年に
1〜2科目の合格を目指し、

5年以内での
取得を考える人も多い。



すべて一度に
合格する必要はなく、
合格した科目を
プールしておけるので、

ライフスタイルに
合わせた挑戦が可能だ。



また2級よりも
数段難関資格となる
1級を取得しておくと、


上場企業クラスの
経理業務も一通りこなせる
能力が備わっているとみなされ、

転職の際に
有利に働く可能性が高い。


この社労士をはじめ
ファイナンシャル・
プランニング技能士(FP)、

行政書士など、
ある程度勉強すれば
取得できる資格の人気は高い。




福祉関係に
関心のある人ならば、
まず現場の仕事を
体験したほうがいいね。

検定資格だけで
独立することは難しいものの、
ツブシがきくことが
一番の強みだ。



企業活動にともなう
お金のフローを
記録するのが簿記で、

その業務を行うための
知識や技能を測る検定である。



■ツブシがきく日商簿記1級
そうしたなか幅広い世代の人に、

あえてオススメできそうな
資格が日商簿記検定。



現実的に目指すことのできる
人の層は限られる。

要は、法人や個人事業者が
税金に関して税務署と
やりとりする際の助言と
代理代行を独占的に
行うことが可能になる。




資格取得の難易度と
使い勝手はほぼ
比例関係にある。



それらを過剰に
勧めているのは資格スクールだ。


         


.