ストレスが
「胃」にくるのはなぜ?







胃酸が多く出すぎて
胃酸過多になったり、


それが胃の粘膜を
傷つけて胸やけや
逆流性胃腸炎などに
なったりします。


胃は、食べたものを
胃酸でとかして
消化を助ける器官。


食事を抜いて、

胃がからっぽの状態が
長く続くと
胃が荒れる原因になりますし、

次の食事でたくさん
食べると消化が大変で
また胃に負担がかかります。


交感神経の働きが強まると、
胃の血管がギュッと
ちぢこまった状態になり、
血液が流れにくくなるために
胃の働きが弱まります。


新しい仕事で緊張したり、
仕事で忙しい日が
続いたりすると

「どうも食欲がなくて」
「胃がキリキリする」
なんて人もいるのでは?



3食をゆっくり、
腹八分目に食べましょう。
自覚がなくても、
ストレス診断をおこなうと
実はストレスを抱えている
という人が多くいるんですよ



自律神経には「交感神経」と
「副交感神経」があり、
両方がバランスよく
働くときに体は
健康な状態になります。


身体は自然な生活に
順応すのですよ。




         

.