転職に感じる

中高年のデメリット






中高年を正社員として
採用するという時は、

会社は高給でその人を
雇うことになってしまいます。



中高年の転職のデメリット
転職をする上で、

中高年であるという
事実は状況を難しくして
しまうことが多いといいます。



中高年が転職
うまくやり遂げるために、
どのように困難を乗り越えて
いけばいいでしょう。


基本的な価値観として、
日本の企業風土では
年功序列という概念が強く、

中高年に対しては
それ相応の給与を
支払うことになりがちです。



柔軟性が乏しいことも
人事担当者が
採用時に懸念する点です。

ただ判子を押すだけの
仕事ではありません。



どんな人も受け入れる事が
出来る積極性、柔軟性を
企業側にアピールすることも

中高年が転職活動の
デメリットを克服する
方法のひとつです。


プライドだけが高く、
新しいことを覚えることが,

難しいではないかと
思われることもあります。



若い人たちを教育し、
スタッフやプロジェクトを
的確に取り回し、

指示管理するということが
マネージメントです。
その点は間違わないように
心がけてください。



マネージメント力を求めて
中高年を採用するという
会社は少なくありませんが、

企業の意向を正確に
くみ取れていない人もいます。


第一線で働いて来た
中高年の方の多くは

自分の経験だけで
物事を判断してしまう
傾向があります。



採用された会社の価値観を
受け入れることが、
難しくなる人も多く、

新天地に向かう際は
頭を柔らかくして
転職活動に勤しむ姿勢が
重視されます。


そのため、給料に見合う
能力が発揮できることを
見込めない限り、
採用はされにくいわけです。



そのため、
中高年が転職活動をする時には、

自分がその会社で
どのように役に立てるかを
伝えることが大事です。


         



.






 カテゴリ