<ノーベル賞>医学生理学賞に山中 伸弥・京大教授









ヒトなど有性生殖を行う動物は、
1個の受精卵から体のあらゆる細胞に分化する。



日本人の受賞は
10年の鈴木章・北海道大名誉教授と根岸英一・
米パデュー大特別教授の化学賞に続く快挙で、
医学生理学賞の受賞は
1987年の利根川進・米マサチューセッツ工科大教授以来2人目。



最初の成果が米科学誌に掲載されてから
6年あまりという異例のスピード受賞だ。

拒絶反応のない再生医療や難病の仕組み解明、
新薬の開発など、医療全般での応用が期待される。



人工多能性幹細胞(iPS細胞)と名付けた。
06年8月、おとなのマウスの皮膚細胞にわずか
四つの遺伝子を組み込んで細胞を
「初期化」し、ES細胞とほぼ同じ多能性と増殖能力を
持つ細胞に変化させたと発表。



<ノーベル賞>医学生理学賞に山中伸弥・京大教授
スウェーデンのカロリンスカ研究所は8日、12年の
ノーベル医学生理学賞を、京都大iPS細胞研究所長の
山中伸弥教授(50)と、英ケンブリッジ大のジョン・ガードン博士に
授与すると発表した。

07年11月には、同様の手法で
ヒトの皮膚細胞からiPS細胞を作ったことも報告した。



授賞式は12月10日にストックホルムで開かれ、
賞金800万スウェーデン・クローナ(約9800万円)が贈られる。

山中氏らは、受精卵から作る胚性幹細胞(ES細胞)や、
受精させていない卵子の中で働く24種類の遺伝子を特定。



【日本人ノーベル賞の軌跡】初受賞の湯川秀樹氏から
振り返る山中教授は、皮膚細胞に4種類の遺伝子を入れることで、
あらゆる組織や臓器に分化する能力と高い増殖能力を持つ
「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」を作り出した。

従来、一度分化した細胞は、
未分化の状態に戻ることはないと考えられてきた。



今回の受賞で日本人の受賞者は、
米国籍の南部陽一郎氏=08年物理学賞=を含め19人
(医学生理学賞2、物理学賞7、化学賞7、文学賞2、平和賞1)となる。